香取慶子 木版画展


 

 ごあいさつ:

 

スペイン・ロマネスクをテーマに木版画制作を始めて6年になります。


今回は中田真央先生に師事している仲間たちの 6人展(テーマはそれぞれ異なる)です。


201312月スペイン大使館(東京)にて、行われた個展では20点ほど出品いたしましたが、今回は小さいスペースですので、新作2点ほかをご紹介します。


 新作のひとつ「キリストの眼」は、私が今まで取り組んだ中で一番大きな作品となりました。


ロマネスク時代のキリストは威厳があり、迫力をもって私たちに迫ってきます。


スペインから離れても、キリストの眼は、私の心にいつまでも深く刻まれて残りました。


その時々の心のありようによって、ある時は厳しい眼に身がすくむこともあり、またある時は厳かなその姿の中に深い愛を感じるのでした。


時と場所を変えても、私から離れることのない記憶や感触を一つの作品にしました。


 

≪ 木 版 画 6 人 展 ≫


日 時 : 2015年4月13日(月)〜19日(日)


    11:00〜19:00 (最終日は16:00終了)



場 所 : 月光荘 B1 (小画室)、 1F (小画箱)

                   東京都中央区銀座8−7−2 永寿ビル


 

在廊日(予定)  :  13日(月) 11~12時


   16日(木) 15~17時


   18日(土) 14~16時


   19日(日) 15~16時


ご来場の節は前もってご連絡いただければ幸いです。


  

 皆様のお越しをお待ちしております。

 

   ■ 木版画家 香 取 慶 子 


 


コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。