理事長あいさつ

 2013年2月にスペイン・ロマネスク・アカデミー(日本)La Academia del Románico Español (Japón)が設立されました。スペイン独自の「神の美術」と云うべきロマネスク美術(キリスト教美術)を、西欧中世の時代的背景とともに、聖書の世界に飛翔しながら、究めていきたいと思っています。


 Embajada de Eapaña en Japón (在日本スペイン大使館) の温かいご支援を得て、まず「日本におけるスペイン年(2013年6月~2014年7月)」に協賛しました。

 

 “ロマネスク美術を識る、広める、そして交流する”ことを基本方針として運営します。


 またスペイン最大の組織「Amigos del Románico(ロマネスク友の会)」(会員数約950人、本部マドリッド)の全面的ご協力を得て、活動していきます。
 皆様のご参画を期待しています。

 

 スペイン・ロマネスク・アカデミー(日本)理事長 勝峰 昭

 

理事長 勝峰 昭 プロフィール

1933年生まれ

1956年大阪外国語大学卒業

伊藤忠商事株式会社 取締役 欧州駐在役員

栗田工業株式会社 代表取締役副社長

 

退任後今日まで15年間にわたりスペイン・ロマネスク美術の研究に携わる

日本各地で講演活動・研究発表多数

2008年『イスパニア・ロマネスク美術』(光陽出版社)上梓

2010年『神の美術───イスパニア・ロマネスクの世界』(光陽出版社)上梓

 

現在、伊藤忠商事株式会社理事

2013年2月 スペインロマネスクアカデミー理事長に就任